「この想い、きっと届く」
孫から祖母へのラブソング

はじめまして、
ばぁちゃん。

「この想い、きっと届く」
孫から祖母へのラブソング

 福岡を拠点に活動する3ピースバンド「ミサンガ」。結成11年目の今年、ひとつのラブソングを作りました。それは、孫が祖母に贈る歌です。
 作詞はリーダー高尾和行。幼い頃からかわいがってくれたおばあちゃんは今、認知症を患っています。おばあちゃんは、高尾の伯父さん一家と暮らしていて、高尾が会いに行っても孫だとは認識できない状態だそうです。
 孫としては悲しさを感じながらも、いつかきっと回復して昔のように笑顔を見せてくれる、と願っています。そんな思いを託した曲です。

 国の統計では、65歳以上の高齢者の認知症患者は、平成24(2012)年に462万人で、高齢者の7人に1人でしたが、平成37(2025)年には約700万人、5人に1人になると見込まれています。患者ご本人はもとより、介護する家族、施設の人たちのご苦労は経験した方にしか分からないものでしょう。
 高尾本人も、祖母を思う素直な気持ちを歌にしたものの、そんな苦労を知らない自分が歌っていいものかと悩んでいました。それでも、伯父さんに相談したところ「同じような思いをしている人たちにとって、少しでも気持ちが軽くなるのなら」と背中を押されたそうです。

 以下は、高尾が書いた「はじめまして、ばぁちゃん。」のセルフライナーノーツです。

「この曲は、米寿を迎えた祖母に贈ったものです。早くに祖父を亡くし、65歳まで働いて母たちを育ててきた祖母ですが、少しずつ認知症の症状が出るようになりました。自宅介護をしている伯父に聞くと、家族は葛藤の連続だそうです。僕には何もできることはありません。ただ会うたびに『はじめまして。良いお天気ですね』と言葉を交わしています。幼い頃、あんなことがあったね、こんなことがあったね、と話しながら。ばぁちゃん、いつまでも元気でね。」

 尚、カップリングの2曲目はまだ見ぬわが子に向けた「明日の君へ」。3曲目は明るい未来を共にする女性に向けた「Sunshine Days」。3曲を通じて人生へのラブソングとなっています。

  • 続きを読む
  • 閉じる

はじめまして、ばぁちゃん。

作詞:高尾和行
 作曲:高尾和行・佐藤裕亮
 編曲:Kenz

ねぇ ばぁちゃん はじめまして 
今日もあなたに会いにきたんだよ

「どちら様かは知りませんが
今日も晴れててよかったです」 
言ってる外は土砂降りだよ
山本さんって呼ぶけれど
それは親戚のおじさんだ 
僕はあなたの孫なんだよ

幼い頃はうちに来たら
あと1日だけ泊まってよと
カバンを引っ張り困らせたね
ばぁちゃんがつくる
しっかりと握り込まれたおにぎりと
おはぎは僕の大好物

きっと些細なことだけれど
僕にとっては忘れられない思い出

ねぇ ばぁちゃん はじめまして 
今日もあなたに会いにきたんだよ
ねぇ ばぁちゃん はじめまして 
そっと今 小さな手 握った

買い物行く時にはいつも
バスに揺られて隣町へ 
親に内緒でお菓子をくれた
ばぁちゃんのうちに行くたびに
家の中を走り回り
いつもどこかをケガしていたね

きっと僕の名前さえも
もう呼べないけど
その声は(ずっと)その声は響いてる

今ではいつも布団の上
何を考え何を思う 
時折鼻歌 奏でたり
じゃあねまたねと手を振るたび
あと何回会えるのだろう 
そんなことが頭をよぎる

これは僕のわがまま
わがままかもしれないけれど
もし僕に子供が生まれたのなら
僕にしてくれたように
その子をあなたに優しく
抱いて 抱いてほしいんだ

ねぇ ばぁちゃん ありがとうって
言葉は消えてしまうけれど
ねぇ ばぁちゃん 溢れ出した
この想いは届いてるよね? ばぁちゃん
次会っても はじめましてを交わそう

  • 続きを読む
  • 閉じる

MESSAGE いただいたメッセージ

みなさんからいただいたメッセージの一部をご紹介します

ラジオで紹介しました。
すぐに「うちも、いつも“はじめまして”です。大事なおばあちゃん、長生きしてほしい。」「心が温かくなってラジオの前から動けなくなり涙が止まりません」と反響が届きました。
老いが記憶に蓋をするのは切なくもあるけれど、確かに愛されたことは私が憶えているから大丈夫だよ。おばあちゃん。
ミサンガさん、温かい歌をありがとう!!

エフエム山口 パーソナリティ・新井道子様

ばぁちゃんを想う温かい気持ちが、優しい声で歌われていてとても感動しました。
ばぁちゃんの記憶から自分が消えてしまうことは悲しいかもしれませんが、逆に言えば、ばぁちゃんにとって、自分は常に「新しい出会い」となっているのかもしれません。
1日1日の「出会い」を大切にして、毎日を過ごしたいと改めて思いました。

茨城放送 ディレクター・江畑真理子様

この曲を聞いた時、今年103歳になった祖母の顔が浮かびました。
会うたびに小さくなる姿をみながら、いつまでも元気でいてねと願わずにはいられません。
また沢山会いに行こうと、そう思わせてくれた素敵な曲です。

Date fm エフエム仙台
パーソナリティ・名護ひと美様

名前を呼んでくれなくても、挨拶が”久しぶり”じゃなくても大切な大好きな人が目の前にいる。それだけで充分じゃないか。
一番大切なことに改めて気づかせてくれた曲。

栃木放送 アナウンサー・松井里恵様

飾らない言葉で書かれた歌詞からは、祖母を大切に思う気持ちがストレートに伝わってきます。
3人のコーラスが心に染み入るように響く、とても優しい1曲です。

秋田魁新報社 記者・柳原史幸様

以前、こんな話を聞きました。
そばにいる大切な人から忘れていく。
思い出が沢山ある人から忘れていく。
つまりそういう事、なんですね。
悲しいけど幸せじゃないですか?
同じ思いを持つ方に届いてほしい! 優しく穏やかな気持ちになれる魔法の曲です。

YBC山形放送
ラジオパーソナリティー・佐藤孝子様

ばあちゃんへの感謝の気持ちがありのままに伝わる歌詞、優しい歌声。
家族という一番身近で、尊いつながりを歌うストレートな表現が心に響きました。
誰しもがこの歌に「共感」し、大切な人を思い出す・・・感情を揺さぶる一曲です。

YBC山形放送
ラジオディレクター・新野陽祐様

はじめまして、ばぁちゃん。を聴いて、自分のおばあちゃんにとっても会いたくなりました。
もう亡くなっていますが、何でも許してくれたおばあちゃん、甘えさせてくれたおばあちゃん。
たくさんの人に聴いてもらいたい曲です。
穏やかな優しい歌声と歌詞に、おばあちゃんへのあたたかい愛を感じました。

山陽放送ラジオ パーソナリティ・阪上彰子様

リリースと同時に歌詞の深さ、メロディーの心地よさからパワープレーをさせていただきました。
あるがままを受け入れるところに、これまで分からなかった世界(優しさ)があることに気づかされた曲でした。

北陸放送 沼田憲和様

ミサンガの歌声を聴いていると優しい気持ちがあふれてきます。
自分のおばあちゃんや大切な人たちに会いに行きたくなりました。
心が温かくなる一曲です。

山口放送「お昼はZENKAIラヂオな時間」
月曜パーソナリティ・山本博子様

何回聞いてもジーンときます。
おばあちゃん思いの高尾さんの人柄がこの曲から伝わります。
きっとおばあちゃんは、わかってくれていますよ。

IBC岩手放送 ディレクター・照井達也様

あるお医者さんのお話し。
「認知症の方が よくされる『徘徊』は ご本人にとっては ハイキングなのです。楽しい お散歩です。社会がそれをどう捉えるのかが 問題になるか否かの分岐点です。」
おばぁちゃんの楽しいハイキングをやさしく見守る社会であってほしいです。
「よかったね。おばぁちゃん。」と言える孫のように。

ぎふチャンラジオ ディレクター・竹林良樹様

やさしさは人の為ならず
孫から おばぁちゃんへのラヴソング

ぎふチャン ココロイースタシオン
パーソナリティー・ココ未来様

ぜひとも「ラジオで」紹介したい! と思わせてくれた名曲です。

福井放送ラジオセンター
ディレクター/アナウンサー・佐藤正幸様

もう何年も前にお別れしましたが、大好きだったおばあちゃんを思い出しました。
大切な人への思いやりにあふれた曲です。

TBC東北放送 アナウンサー・佐々木淳吾様

初めて聞いた時、涙が止まりませんでした。
自身のおばあちゃんも認知症でしたが、その頃のことも含めておばあちゃんとの想い出が走馬燈のようによみがえってきました。
やさしさがあふれた歌詞にメロディ、歌声、とても素敵ですね。

RNC西日本放送・中尾直実様

おばあちゃんにもらった、優しさや暖かさ、忘れられない思い出。
大切な「家族」への愛情を、3人の美しいハーモニーで奏でる名曲です。

MBCラジオ ディレクター・山本大悟様

素直に心に残る歌でした。
おばあさんに対するストレートな歌詞と優しいメロディが多くの人の心に響くと思います。

MRT宮崎放送・岩切速郎様

ミュージックビデオがやばいんだもん。
酔って帰ってきて、今は亡き寝たきりのばあちゃんを抱きしめキスして、そのせいでばあちゃん興奮して朝まで眠れなかった…なんてことを思い出してしまいました。
逢いたくなっちゃったじゃないかよ~!

BSS山陰放送
ラジオパーソナリティ・べるを様

以前、介護保険制度の番組がきっかけで、「認知症の人と家族の会・青森支部」の皆さんと出会いました。
介護をしている人は悩みを話す相手がいなくて孤独でした。そんな人々が集まって話をする事で、自分だけじゃないと、少しずつ癒される姿を目の当たりにしました。
ミサンガの「はじめまして、 ばぁちゃん」は孤独にラジオを聞きながら介護と対面している人を楽にしてくれる曲ではないかと感じます。
この曲が、介護で悩んでいる誰かのところに届くように、ラジオで紹介していきます。
曲がきっかけで、人がつながり、相談をする関係にまでなればいいですね。

RAB青森放送
ラジオパーソナリティ・夏目浩光様

心がじんわりほっこりするラブソング素敵です。
きっと伝わっています。♪ねぇばぁちゃん♪

RNB南海放送ラジオ・こもだけい様

感動して涙が出ました。
歌詞がすごく良くて、おばあちゃんとの思い出が綴られているところがすごく共感できます。
おばあちゃんに会いに行きたいな、と思いました。

FBS福岡放送「バリはやッ!ZIP!」
アナウンサー・財津ひろみ様

おばあちゃんに会いたくなりました。
3人の優しいハーモニーと、はじめまして というフレーズが耳に残ります。
余韻がたまらなくいいです!やられたー。

RKKラジオ パーソナリティ・塚原まきこ様

温かい歌詞、優しい歌声とメロディに
自分のおばあちゃんの笑顔を思い出し、涙がこぼれました。

KTS鹿児島テレビ・加茂川里美様

最後のフレーズがとても印象的で…
寄り添う穏やかな気持ちと繋がる未来を感じます。
歌詞・歌声・演奏にはメンバーの優しさ、おばあちゃんへの愛が溢れていますね!
誰しも感じたことのある懐かしさ、おばあちゃんちの匂いまで伝わってくるようです。私もすぐにでも、自分のおばあちゃんの手をギュッとしたくなりました☆

NBCラジオ パーソナリティ・菊野紗史様

「はじめまして」と繰り返すそのフレーズは、認知症を受け入れ、大好きなおばあちゃんに寄り添った優しいメッセージ。心に響くそのメロディは、きっとおばあちゃんに届いていることでしょう。思いあふれるこの歌は、認知症を抱える多くの当事者の方、介護家族、そして、「認知症にやさしい社会」を目指している私たちへの応援歌です。

福岡市の小規模多機能施設めおといわ「ゆい」
施設長・党一浩様

歌詞全体に溢れる祖母への愛情が、心地よいメロディにのせてリスナーに届く、素晴らしい楽曲だと感じました。

長崎ケーブルメディア・森山様

親でも、祖父母でも、見た目は大好きなじいちゃんばあちゃんだけど、話すことや行動が全く別人のような人に対して、どこまで愛情を注げるのだろうか?と深く考えさせられました。本当に素敵な曲です。

FMぎんが・寺原様

聴きながら、涙がこぼれました。名曲だと思います。

FM長崎・門田様

RELEASE INFO リリース情報

はじめまして、ばぁちゃん。
メジャー盤
YRCN-90282 / 2018.02.07 Release / ¥1,500(TAX IN)
ジャケット画:川島明(麒麟)
  1. はじめまして、ばぁちゃん。
  2. 明日の君へ
  3. ありがとう
  4. さくらみち
はじめまして、ばぁちゃん。
インディーズ盤
BFR-003 / 2017.09.06 Release / ¥1,300(TAX IN)
  1. はじめまして、ばぁちゃん。
  2. 明日の君へ
  3. Sunshine Days

こちらからお求めいただけます

楽曲配信情報

  • レコチョク
  • iTunes

その他、各サイトにて絶賛配信中!

mora、dwango、music.jp、Mysound、オリコンミュージックストアほか

サブスクリプションサービス

2018/5/9より配信開始!

レコチョクBest、KKBOX、auうたパス、LINE Musicほか

COMMENTS コメント

ぜひ、ご感想をお聞かせください。

いただいたコメントは、プロモーション資料やウェブサイト上でご紹介させていただく場合があります。

BIOGRAPHY ミサンガの紹介

福岡を拠点に九州各地で活動中のアコースティック3ピースバンド。
福岡市内の大学の音楽系サークルで出会ったユウスケ、ナオヤ、カズの3人が意気投合し、2006年に「ミサンガ」を結成。

現在、九州各地のイベントや地域の催し物まで幅広くライブ展開中!

ミサンガ